グッズ選び・使い方

バッグの中身を機能的に!バッグごとのおすすめ整頓グッズはこれ!

バッグの中身を機能的に!バッグごとのおすすめ整頓グッズはこれ!

Ryz
皆さんこんにちは。 今日はバッグの中身を機能的に使えるおすすめの整頓グッズを、リュックタイプとトートバッグ・ショルダーバッグごとにご紹介します。

皆さんは日頃バッグを使われてますか?

バッグの中身が機能的に使えていますか?

僕はまさにそうなんですがバッグの中身の整理って、できそうでなかなか難しいんですよね。

そこで今回は「バッグの中身を機能的に!バッグごとのおすすめ整頓グッズはこれ!」と題して、バッグの中身を機能的に使えるようにしてくれるおすすめの整頓グッズを、3つのバッグタイプごとにご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ

  • バッグの中身を機能的に使いたい
  • バッグの中身を整頓したい
  • バッグを整頓できるグッズを知りたい

ではいってみましょう!  

 

バッグの中身を整頓できるおすすめグッズをご紹介!

グッズをご紹介するまえに、まずは

  • リュックタイプバッグ
  • トートバッグとショルダーバッグ

バッグをこの2つに分けてそれぞれのメリットとデメリット、おすすめの整頓グッズをご紹介していきます。

また、選ぶときのポイントも僕なりにまとめましたので記載しておきますね。

選ぶときの参考になれば嬉しい限りです!

まずは「リュックタイプバッグ」からいきましょう!  

 

リュックタイプバッグのメリットとデメリット

リュックタイプの特徴は

  1. 大容量
  2. 高さ
  3. たくさんの収納ポケット

大きくはこの3つですが、デメリットとしては

  1. 収納しているものが出しにくい(いちいちチャックを開けたりしないといけないので手間がかかる)
  2. ポケットが多いので、どこに何を収納したか忘れてしまう
  3. 使用頻度の高いものがすぐに取り出せない
  4. 高さがある分、リュック収納上部分がデッドスペースになりがち

大容量なので、ものを大量に収納するのには長けていますが、利便性はあまりよくありません。

僕も使ったことがありますが、2ヶ月でリタイアしてしまいました。

リュックタイプを使うのに向いているのは学生さんかなぁという印象です。

 

リュックタイプバッグの整頓グッズを選ぶときのポイントはここ!

大容量が最大のメリットであるリュックタイプバッグの中身を整頓するグッズを選ぶときのポイントは

①ある程度高さがあるもの

高さがあるので、水筒も楽々収納できるし折りたたみ傘も大型のものが収納可能なので、デッドスペースになりがちな収納上部分を活かせます。

②外側にポケットがあるもの

使用頻度の高いものは手に持っておくか、外側のポケットに収納するのがおすすめですが、リュックの中に収納する際はバッグインバッグでも出し入れしやすい外側のポケットに収納するのがベストです。

③自立するもの ここは意外と盲点なんですが、バッグインバッグ自体が自立しないと、バッグの中で「ふにゃ」っとしてしまうので上から中身が見えない状態になります。

④水筒収納ポケットがあるもの

水筒を持ち歩く方には必須で、このポケットには折りたたみ傘も収納できるのでおすすめです。

水筒を持ち歩かない場合は使わなければ良いだけなので邪魔にはなりません。

この4つを満たしているおすすめの整頓グッズをご紹介しますね。  

 

リュックタイプバッグの整頓グッズのおすすめはこれ!

ご紹介するグッズがあまり多すぎると迷ってしまうので、先ほどのポイントを満たした整頓グッズを2つピックアップしてご紹介します。

種類はたくさんありますが機能的には変わりません。

色やデザインにこだわりたい方は、下記リンクから商品を探すこともできるので探してみて下さいね。  

 

Amazonで購入するならAmazonのクレジットカードでお得に買えます!

 

 違いは「ポケットの数」だけですが、小物を多く持ち歩く方には下のバッグインバッグを、そんなにたくさんポケットは要らないという方には上のバッグインバッグをおすすめします。

前述したように、ポケットはたくさんあっても邪魔にはなりませんが、あったら何かしら入れてしまうのがネックで、どこになにを収納したのか分からなくなるので注意が必要です。

必要以上のポケットにはものを入れないことがバッグの中で探しものを減らすコツです。

下の整頓グッズは記事がフェルトなので軽くて丈夫ですが、ちょっと暑苦しい感じはします・・。

 

トートバッグ・ショルダーバッグのメリットとデメリット

厳密に言えば違いますが、個人的に女性はトートバッグ、男性はショルダーバッグと位置付けしています。

トートバッグの特徴は

  1. 大きめのものもざっくり収納できる
  2. 肩にかけられる
  3. 開き口が広い

ショルダーバッグの特徴は

  1. 両手が使える(フリーになる)
  2. 持ちものを取り出すのが簡単(サッと取り出せる)
  3. 開き口が広い

一般的にも広く使われているバッグですね。

一方、デメリットは(トートバッグ、ショルダーバッグとも)

  1. 高さのあるものの収納に向かない(はみ出してしまう)
  2. ポケットが少ない

この2つがデメリットとしてありますが、リュックタイプに比べると使い勝手はとても良いです。  

 

トートバッグ・ショルダーバッグの整頓グッズを選ぶときのポイントはこれ!

トートバッグやショルダーバッグの整頓グッズを選ぶときのポイントは

①お手持ちのバッグから出ない程度に高いもの

お手持ちのバッグの高さより1cmほど低いものがベスト。

これくらいの高さがあれば、背の高いものを支えてくれるので倒れる心配がありません。

また、小さな水筒や折りたたみ傘であればバッグインバッグの外側に収納することも可能です。

②お手持ちのバッグの幅いっぱいくらい幅が広いもの

お手持ちのバッグの幅いっぱいくらいのものを選べば、無駄なスペースがなくなり、グルーピングごとに収納しているポーチもたくさん収納できます。

水筒をバッグインバッグの外側に収納しようと考えている方は水筒の直径分、狭いものを選びましょう。

水筒にもよりますが、僕が持ち歩いている水筒の直径を参考までに載せておきますね。

  • 500mlの水筒:7cm〜7.5cm(保冷カバーを付けなければ7cm)
  • 1Lの水筒:8cm〜8.5cm(保冷カバーを付けなければ8cm)

なお、500mlの水筒で高さは約27cm、1Lの水筒は約29cmありますので、お手持ちのバッグの高さも忘れずにチェックしましょう。

③外側にポケットがあるもの

外側のポケットは出し入れしやすいので、携帯や財布などを収納するのに便利ですが、財布が大きい場合はバッグインバッグの中に立てて収納すれば出し入れしやすいのでおすすめです。

また、水筒を持ち運ぼうと考えいる方は、内側に水筒用のポケットがあるものを選べば完璧です。

では、おすすめグッズをご紹介します!  

 

トートバッグ・ショルダーバッグの整頓グッズのおすすめはこれ!

先ほど同様、ご紹介するグッズがあまり多すぎると迷ってしまうので、ポイントを満たした整頓グッズを2つピックアップしてご紹介します。

こちらも種類はまだまだたくさんありますが機能的には変わりませんので、色やデザインにこだわりたい方は、下記リンクから商品を探してみて下さいね。  

 

バッグインバッグ 可愛い おしゃれ フェルト インナーバッグ S&J

 

Amazonで購入するならAmazonのクレジットカードでお得に買えます!

 

上のグッズは水筒が入ってますがポケットはありませんが、下のグッズは水筒用のポケットがあるものがあります。

水筒を持ち歩かない方は上のグッズを、水筒を持ち歩く方は下のグッズをおすすめします。

また、下のグッズは数種類のデザインから選べますので、ご自分の用途に合わせてチョイスして下さい。  

 

 

まとめ

バッグ整頓

バッグ整頓

バッグの中身を機能的に!バッグごとのおすすめ整頓グッズはこれ!

通勤通学によく使うバッグの中身を機能的に使えるようにするおすすめグッズをご紹介しました。

バッグの中には、あれもいるかも知れない、これはこういうときに役に立つなどと考えてしまって、あれこれ詰め込んでしまいがちです。

バッグは荷物を持ち歩くのに欠かせないアイテムですが、バッグの中身がいざというときに探さないといけない状態ではあまり意味がないです。

ですが、今回ご紹介したグッズを使うことであなたのバッグが機能的になること間違いなし!

バッグの中身の整頓に悩んでいる方の参考になればとても幸せです。

今回は「バッグの中身を機能的に!バッグごとのおすすめ整頓グッズはこれ!」と題してバッグごとにおすすめの整頓グッズをご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-グッズ選び・使い方

© 2020 Ryz Powered by AFFINGER5